差し押さえ通知が来てしまった時の対処の流れは?※失敗しない債務整理

差し押さえ通知が来てしまった時の対処の流れは?※失敗しない債務整理

差し押さえ通知が来てしまった時の対処の流れは?※失敗しない債務整理

差押予告通知書とは差し押さえの直前に裁判所から送られてくる通知のことです。債務者の持つ住宅や車を差し押さえる予定ならば債務者本人の住所に送られ、銀行の預金や給与を差し押さえる予定であれば銀行や会社にも送られます。
差押予告通知書は送られてから1週間後に取り立てが可能になります。よって、差押予告通知書が届いた場合、速やかに行動を起こす必要があります。この時点では既に裁判所は差し押さえを認めている状態なので、こちらからの申し立てで差し押さえを防ぐことのできる手段はありません。債権者と連絡をとり、交渉によって差し押さえをストップしてもらう必要があります。
既に差し押さえがされてしまった場合も原則として解除は債権者にしかできません。給与を差し押さえられると天引きは借金がゼロになるまで続くので、生活状況によっては大変苦しい状態に追い込まれてしまうことになります。こんなときは、経済状況の苦しさを理由に差し押さえの範囲を変更してもらう申し立ても可能ではあります。
差し押さえ前にしろ、後にしろ、必要になるのは債権者との交渉です。債務を支払う意志を見せれば差し押さえを解除してもらえる可能性もありますが、素人の交渉力では厳しい場合が多く、門前払いを受けることもあります。弁護士に依頼して交渉の代理人となってもらい、差し押さえを解除してもらうというのが現実的な対処法となるでしょう。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ