債務整理すると何が具体的に変わる?※自分に合った方法

債務整理すると何が具体的に変わる?※自分に合った方法

債務整理すると何が具体的に変わる?※自分に合った方法

債務整理にはいくつかの方法があり、それぞれに違うメリット・デメリットがあります。
まず、共通して言えるメリットは、返済のことで追い詰められることから開放されるでしょう。司法書士や弁護士に相談することで、取り立てや催促の電話をストップさせることができます。
債務整理による共通のデメリットは、信用情報機関、いわゆるブラックリストに情報が掲載されます。債務整理後の5年程度(自己破産は10年)、クレジットカードやローンカードなど利用することができなくなります。
手に負えなくなりそうな借金は、やがて勝手にふくらみ続けるようになるだけなので、ぜひ、それぞれのケースに合った債務整理を行いましょう。

「任意整理」で債務整理すると、返済の負担を軽くするための交渉をすることで、債権者に支払期間の延長や、分割払い、場合によっては減額してもらうことができます。個人の訴えは受け入れられないことが多いため、司法書士や弁護士に相談することが一般的です。

「特定調停」で債務整理すると、債権者と債務者の間に、裁判所の調停委員に仲裁してもらうかたちで、交渉することができます。任意整理と同様に、返済額やペースを減らして、完済を目指すことができます。

「個人再生」で債務整理すると、返済額を減らし、残った債務を3年かけて返済することになります。家や土地など財産を残したまま整理することができます。

「自己破産」では、家や土地などの財産は没収され、現在ある借金をすべて処分することができます。もはや返済できない窮地であることが認められる必要があります。
早めに相談を行い、適切な対処をして完済を目指しましょう。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ