債務整理と連帯保証人について問題※弁護士司法書士

債務整理と連帯保証人について問題※弁護士司法書士

債務整理と連帯保証人について問題※弁護士司法書士

債務整理とは、法律を利用して借金を減額してもらったり、借金の返済義務自体をなくしてもらうための手続きです。どんな債務整理であっても債権者が連帯保証人に請求できることに変わりはありませんので、与える影響は決して少なくありません。手続きをする際には、自分の状況だけでなく、連帯保証人についてもよく考える必要があります。
債務整理のうち、任意整理と特定調停については手続きする債務を選ぶことができます。つまり、連帯保証人のついた債務を対象から外すことができますので、迷惑をかけずに済みます。これで問題なく返済していければ良いのですが、連帯保証人のついた債務の額が大きいために手続きに加えたいというケースもでてきます。そのような場合には、特定調停なら申立ての際に保証人を関係債務者として記載することにより請求を回避することができます。任意整理なら、弁護士に依頼する際に連帯保証人も代理依頼するようにします。
難しいケースとなるのが、個人再生や自己破産の場合です。これらの手続きは全ての債務を対象にして行うものですので、深刻な状況に追い込まれます。個人再生の場合には、この手続きを行うことによって受け取れなくなった分は、連帯保証人に請求がいきます。また、自己破産の場合には、債務者本人は債務が免除されることになりますが、連帯保証人は自分が保証人になっている債務については返済しなければなりません。このように、個人再生と自己破産は大きな迷惑がかかりますので慎重に決めなければなりません。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ