債務整理の落とし穴:過払い金にも時効がある?!

債務整理の落とし穴:過払い金にも時効がある?!

債務整理の落とし罠:過払い金にも時効がある?!

過払い金の時効

債務整理の過払い金には時効があります。
過払い金とは、払いすぎていたお金という意味です。

 

消費者金融などの貸金業者に対して、
融資を受けていた人たちが
利息制限法の上限を超えて支払っていた利息の事です。

 

過払い請求とは、貸金業者などに対して利息制限法を超えて
支払った利息の返還の請求を行う事です。

 

金融業者が貸付の際に設定していた金利と、
利息制限法の上限とに差があった事から起こっている問題です。

 

消費者金融などの貸金業者は
29.2パーセントという金利で貸し付けを行っていました。
貸金業法及び出資法の改正が行われて以降は、
大幅な貸付金利の引き下げが行われており、
現在はこの金利での貸し付けは行われておらず
利息制限法の範囲内という事になっています。

 

過払い金が発生している?

貸付金利が引き下げられる以前に融資を受けていた人で
利息制限法の上限を超えた金利で
利息を支払っていた人に限定されます。

 

過払い金が発生していても
全ての人が過払い請求を行う事が出来るわけではありません。

 

過払い請求は利用しないまま
10年間が経過すると時効となってしまい、
権利が消滅してしまうからです。

 

利用するという事は、入出金を行ったという事です。
貸金業者に対して入出金を行ってから
10年以内に返還請求を行う必要があります。

 

金融業者と数年取引がある方

急いで弁護士さんなどに相談して
返還請求を行うことをお勧めします。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ