任意整理とは?違いは何ですか?※失敗しない債務整理

任意整理とは?違いは何ですか?※失敗しない債務整理

任意整理とは?違いは何ですか?※失敗しない債務整理

債務整理には自己破産、個人再生、任意整理といった方法があります。
この3つの債務整理の中でも、利用する点でハードルが低いと言われているのが任意整理です。

まず、1番有名といって過言ではない自己破産ですが、自己破産は借金の返済義務が無くなり、実質借金をゼロに出来る債務整理です。
借金問題を解決するには大きな効果を発揮する自己破産ですが、家などの財産は借金の返済に充てる為、差し押さえられてしまいますし、
ある一定の期間就ける職業が制限されてしまいます。
また自己破産をする事で、保証人に借金の返済請求が一括で行われるので、保証人に大きな負担をかけてしまうでしょう。

個人再生は自己破産とは違い、借金をゼロにする事は出来ませんが、大幅に減額できるので金銭的な負担は軽くなります。
ただ自己破産と個人再生を行うと、官報に個人情報が記載されてしまい第三者に、借金を整理した事や個人情報が洩れてしまうリスクが高まります。

任意整理は将来分の利息をカットできる、また引き直し計算を行い借金の額を圧縮できる債務整理となっています。
実際、どのくらい借金が減るかは引き直し計算を行わなければ分かりませんが、返済期間が長ければ長い程、基本的には借金を圧縮できるようです。
任意整理は財産を差し押さえられる事もなく、また官報にも記載されません。
ですので他の債務整理より、利用しやすい債務整理と言われているのです。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ