任意整理その後不安な方。体験談はこちら※無料相談

任意整理その後不安な方。体験談はこちら※無料相談

任意整理その後不安な方。体験談はこちら※無料相談

マチ金やキャッシングなどは手軽に借入することができますが、それゆえについついお金を借り過ぎてしまって返済に頭を抱えてしまうケースは少なくはありません。
こういった場合、任意整理を行うことで苦しまずに借金を返済することができますが、任意整理を利用したその後のことを心配される方も多いでしょう。
任意整理を行った際、原則として3年で完済する必要があり、また返済し続けるという意思が必要になります。
しかし返済ができなかった場合は、自己破産になってしまうので注意が必要です。
また任意整理を行ったその後は当然ですが、新規でクレジットカードを発行することはできませんし、手持ちのクレジットカードも利用はできなくなってしまいます。
借り入れが全くできない状態になってしまうので、自動車ローンや住宅ローンを組むことは不可能となります。
任意整理は官報には載りませんが、ブラックリストには登録されます。
ブラックリストという言葉はよく聞く言葉ですが、これは実際にリストが存在するというわけではありません。
信用情報機関のことをブラックリストと呼んでいて、これには返済が滞っていたり、破産などの情報が保管されるのです。
この信用情報機関には返済の状況などが保管されるため、カード会社や銀行、ローン会社は、その人が本当に信用できる人物であるかどうかを信用情報機関の顧客情報を基に審査するのです。
しかし、この情報は5年で消えてしまうのでそれ以降は再度審査を行うので、その後はクレジットカードを持てることになります。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ