任意整理の流れすべての手続き不安な事は無料相談で

任意整理の流れすべての手続き不安な事は無料相談で

任意整理の流れすべての手続き不安な事は無料相談で

任意整理とは自己破産のように財産をすべて放棄することを条件として、債務を全て免責にするのとは違い、利用している金融業者と話し合いをして、利息などを減額していく方法のことになります。

任意整理を行う方法は、まず弁護士の方に依頼して進めていくのが一般的な方法となります。これは必ずしも弁護士を介さなくてはならないというわけではありませんが、多くの場合は弁護士の方に依頼をして行っていきます。

この理由は個人で利用している金融業者の方と交渉しても行うことは出来ますが、やはり立場的に利用者側の方が弱い立場にありますので、実際に交渉をしても思い通りの結果を得られないことが多いのです。

任意整理の依頼を受けた弁護士の方は、まず残りの借金の金額や未払金、買掛金などの負債の詳細を、金融業者の情報を開示していきます。そして金融業者に対して任意整理の依頼を受けたことを書面にて通知します。

この通知をした時点で業者は利用者の方と連絡を取ったり、接触をすることができなくなり、依頼者の方は法的に保護されることとなります。

そして具体的な交渉は全て弁護士の方と金融業者の方が行っていきます。ここで残りの返済額を返済可能な金額に減額してもらう交渉や返済期間に関しても交渉をしていきます。

また法定金利を超えた金額を支払っていた場合には、過払い金の返還請求をすることとなります。交渉が済んだら和解契約書にサインをして、残りの返済額を返済していくという流れとなります。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ