任意整理、住宅ローンの審査は通る?※無料相談で解決

任意整理、住宅ローンの審査は通る?※無料相談で解決

任意整理、住宅ローンの審査は通る?※無料相談で解決

債務整理をする際にでてくる任意整理と過払い請求ではどこが違うのでしょうか。任意整理と過払い請求は切り離して考えることはできません。任意整理とは、結局のところ過払い請求で減額をはかるからです。過払いがない場合には、減額をはかることが難しくなります。
つまり、任意整理とは、借金で苦しくなり返済が難しくなった時に行うもので、その手段の一つが過払い請求となります。既に返済した分に過払い部分があれば、払いすぎた分を残債に充て減額させることができます。場合によっては、残債自体がなくなり、お金が戻ってくることもあります。また、それ以外にも、貸金業者と交渉し返済がしやすいようにすることもあります。このように、借金の返済を無理なくできるようにすることを任意整理と言います。これに対し、過払い請求は、基本的には、借金を完済し契約が終了したのちに行います。返済の途中で行う場合には債務整理の一環とみなされます。
どちらも払いすぎたお金を取り戻すことには変わりがないのですが、任意整理の場合には信用情報に載ることになります。従って、当分の間はクレジットカードをつくったり、住宅ローンを組んだりすることができなくなります。しかし、過払い請求の場合は、一切信用情報に載ることはありません。既に、借金は完済しているわけで、言うなれば自分のお金を返してもらうだけです。裁判をしても、ほとんど勝てますので、多くの場合は、貸金業者のほうから和解を申し出てきます。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ