任意整理のより良い方法※減額などのご相談は無料相談で

任意整理のより良い方法※減額などのご相談は無料相談で

任意整理のより良い方法※減額などのご相談は無料相談で

借金を返したくても返せなくなった場合、整理をして無理のない返済計画を立てることが出来ます。これを債務整理といい、法的に守られた解決方法です。債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産の3つの種類がありますが、ここでは任意整理について説明しましょう。
任意整理とは、裁判所を通さずに、借りた本人と金融会社の当事者同士が、個別に返済計画を交渉する方法で、債務整理の中で最も多く利用されます。債権者との交渉は、弁護士や認定司法書士に依頼することがほとんどで、返済方法や返済額を交渉して、借金額を圧縮します。利息制限法による引き直し計算で、払い過ぎた利息を元本に充当して借金額を減額、将来の利息はカットして、3年から5年で分割返済する内容での合意というケースが多く見られます。
このように、任意整理とは借金総額を減らすことが目的で、引き直し計算後の元金は払う義務があります。そのため、この方法を選ぶことの出来る人は、安定した定期収入があることが条件になります。
任意整理のメリットは、完済が早まること、一部の債権者だけの整理が可能なこと、裁判所が関与する個人再生や自己破産とは違って、手続きが簡単なことです。デメリットは、信用情報機関に事故情報として掲載されるため、今後5~7年間、借り入れが出来なくなることです。また、債権者には話し合いに応じる義務がないため、任意整理に応じない業者もあります。交渉力のある弁護士・司法書士に依頼することをおすすめします。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ