任意整理後カード会社利用の事※失敗しない債務整理

任意整理後カード会社利用の事※失敗しない債務整理

任意整理後カード会社利用の事※失敗しない債務整理

クレジットカードはとても便利な決済手段として社会的に定着しているサービスですが、お金の借り入れを行っていることには変わりありません。
クレジットカードをたくさん利用してしまうために、毎月の返済が大変になったときには、一般の消費者金融業者からの借り入れで返済ができなくなってしまったときと同じように、法律的な手段を用いることが可能です。
クレジットカード会社においても消費者金融業者と同じように、利息制限法を超える金利での融資を行っていた会社がありますので、任意整理の方法を使うことで金融業者に対して取引履歴を開示させることで、今まで支払ってきた金利分について確認することができます。
支払っている金額が通常の借金の金額よりも大きくなっている場合には、任意整理の方法に加えて過払い金返還請求を行うこともできます。
クレジットカードを使用して借金額が増えてしまったときには、任意整理を行うことでリボ払い中であっても将来の金利を無くす交渉が可能となりますし、返済金額を減らすことを目的として返済の期間を長くするなどの交渉を行うこともできます。
将来部分の金利を無くすことができたり、借金の金額そのものを減らせる手続きが任意整理の方法となっていますので、現実的に返済可能な金額において、3年程度で完済できるような返済計画の元で和解手続きを行うことで借金の問題を解決できます。
任意整理は自己破産とは異なり、借金の全てを帳消しにする手続きというわけではありませんので、借金の金額が大きくなるまえに早めに手を打つことが大切と言えます。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ