任意整理後の不安事※債務整理の流れや期間は無料相談

任意整理後の不安事※債務整理の流れや期間は無料相談

任意整理後の不安事※債務整理の流れや期間は無料相談

消費者金融などの貸金業者から借り入れを行っていて、返済できないほどの金額に膨れてしまったときに有効な方法としては、法的に整理することが挙げられます。
法的に整理する方法としては任意整理や自己破産、個人再生、特定調停などの債務整理の方法がります。
自己破産の手続きは有名なものと言えますが、自己破産を行ってしまうと財産を処分しなければならなくなってしまうので、そこまでの必要性がなくて債権者との交渉を行うことで負債の整理が行える任意整理の方法を用いる人が多くなっています。
任意整理の方法であれば裁判所を経由することなく、直接的に消費者金融などの貸金業者と交渉を行うことになります。
交渉には法律的な知識がなければ行えないケースも考えられますので、一般的には弁護士や司法書士などの専門家に依頼することで、代わりに貸金業者と交渉を行ってもらうことになります。
貸金業者側が悪質なケースであっても弁護士や司法書士に依頼することで、交渉の間に入ってもらうことができますので、債務者には負担の少ない解決方法と言えます。
任意整理においては弁護士などが貸金業者に対して、借入金や未払い金などの負債の情報に関して開示してもらうことで、借金の整理を行って借金額の確定を行います。
弁護士などが貸金業者と交渉をすることで、債務の残高や返済が可能な借金額に減額してもらう交渉を行って、返済方法や返済期間についての和解を締結します。
任意整理では利息がつかないように和解を行いますので、交渉が成立した後の返済においては利息を支払わなくて済む可能性があります。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ