【失敗したくない方必見!】無職でも債務整理するコツを教えます。

【失敗したくない方必見!】無職でも債務整理するコツを教えます。

無職の方の場合

無職の方のことをニートと呼び、その呼び方が一般的に広く定着しつつあります。 

 

消費者金融は、国内に計り知れないほど存在し、審査が物凄く厳しい消費者金融もありますが
どんな方であっても、年齢制限さえ満たしていればお金を貸してくれる消費者金融も中にはあるのです。

 

そのような消費者金融を選択すれば、ニートであってもお金を借りる事が出来ます。

 

ニートがお金を借りるとなると、保証人が必須と思われがちですが
保証人も不要と言う、ニートには嬉しい激甘な貸付条件に設定している所もあるのです。

 

お金を借りたは良いが、仕事をしていないとなると返済のしようがありません

 

少しの間であれば、遅延損害金を支払う代わりに返済を待ってくれますが
そんなに長い間待ってくれるという事はありません。

 

賢い方法

職も収入もなく返済する事が出来ないのであれば、自己破産を行うべきであります

 

自己破産に職業制限などありませんから、ニートであっても申請する事が出来
破産宣告を受け、免責許可を得る事が出来れば、自己破産を行う事が出来るのです。

 

自己破産を行う上で、支払不能な状態にあるかどうかと言う事は重要です。

 

ニートの場合、収入がないわけですから正にその状況に該当し、自己破産の条件を満たしているので
借金を帳消しにしてもらう事が出来るのです

 

就職する場合

自己破産以外の債務整理方法があるので
専門家の方とよく相談して決めましょう。

 

無職の方の場合は、司法書士よりも弁護士に依頼するのがコツ
正しい手段で、新たな一歩を踏み出すことがお勧めです。
まずは無料相談出来るところでお気軽に相談してみましょう!

 

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ