個人再生したら養育費は?※早期解決しよう

個人再生したら養育費は?※早期解決しよう

個人再生したら養育費は?※早期解決しよう

個人再生では債務の一部を支払うことで返済にかかる負担を減らすことが可能ですが、そのためには将来的に安定した収入が見込まれる条件があります。借金に苦しむ人は養育費を滞納してしまう場合がありますが、債権者の同意がなければ支払いを免れることはない債務となります。しかし全てを一括で支払わなければならないわけではなく、一般基準に基づき返済をしていくことになります。養育費には債務の免責がありませんが、3年間は弁済を続ける必要がありますし、弁済期間終了後には一括で支払うことになるのです。任意整理は比較的スムーズに進みますが、個人再生では簡単には手続きができない場合があります。債権者の半数以上が再生計画案に同意にしない場合には手続きの廃止決定がなされますので、個人再生はできなくなるのです。個人再生は免責があるため、債権者には大きな損失を与えてしまいます。借金が100万円以上500万円までであれば100万円の弁済で済みますので、債務者には大きなメリットがあります。その分だけ債権者にはデメリットが多いため、再生計画案に同意しないケースも出てくるのです。養育費に関しては非免責債権と呼ばれカットされない借金となりますので、定められた期間は確実に支払う必要があると言えます。個人再生では債務の増大理由を問わず利用できますが、破産の場合でも理由が問われないケースもあるため、どちらの方法を選択するか弁護士と相談の上決めることが大切です。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ