個人再生についての失敗※弁護士と司法書士どちらを選ぶ?

個人再生についての失敗※弁護士と司法書士どちらを選ぶ?

個人再生についての失敗※弁護士と司法書士どちらを選ぶ?

個人再生を行う際には失敗のないようにすることが大切ですから、仕組みや影響範囲を確実に把握しておくことが大切です。失敗の中には再生計画案が認められないケースや、個人再生をしたにもかかわらず計画通りに返済できなかった場合があります。計画通りに返済できず任意整理に進む人もいますので、しっかりとした再生計画案を作り進めていく必要があります。再生計画案を失敗することの他には、個人再生の仕組に関して事前知識がなかったことも原因としてあります。手続きを開始するとそれ以降は借金ができなくなるため、信用情報に金融事故歴が登録されている間は借金ができなくなります。個人再生では住宅を残すことも可能ですがそのためには住宅ローン特則を使う必要があります。しかし住宅ローン以外の担保が設定されている場合には利用できないようになっていますので、内用について確認しておくことが大切なのです。個人再生の失敗は手続きを行う意味がなくなってしまいますが、再度利用することも可能です。任意整理では整理する借金を選ぶことができますが、個人再生の場合には特定の借金を除くことが難しいのが基本となります。認められる場合と認められない場合がありますので、安易に進めると失敗してしまう可能性もあるのです。個人再生を行う際には専門家に依頼する必要がありますが、失敗を避けるためには正しい知識を持つことが大切ですし、疑問を持ったまま勧めないことも重要です。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ