個人再生計画案とは何?※債務整理は弁護士か司法書士か

個人再生計画案とは何?※債務整理は弁護士か司法書士か

個人再生計画案とは何?※債務整理は弁護士か司法書士か

個人再生は借金でどうにもならない状態になった時に行うことができる救済措置の1つです。借金全ての債権者の同意を得て裁判所を通して借金総額の減額をし、残りを原則3年かけて返済していくというものです。個人再生は自分で行うことができる他、弁護士や司法書士にも依頼することができます。個人再生は個人再生計画案を作成して提出しなければいけないなど大変な作業があります。これを自分で全て行うのは時間的にも難しいという方も少なくなく、そういう場合にはプロである司法書士や弁護士に依頼するのが良いです。司法書士に依頼した場合のメリットとしてまず債権者からの取り立てを止めることができます。これは精神的にも大きな出来事といえます。また他のメリットとして債権者との連絡は司法書士が行ってくれますので、債務者は直接やりとりする必要がなく、こちらも精神的には楽になることができます。利息制限法の利率でこれまでの貸し借りを再計算することで債務の残高が減少したり、過払い金の存在が明らかになることがありますし、もし過払い金があった場合には貸金業者へ過払い金の返還を司法書士が請求してくれます。さらに司法書士は依頼者の家計の状況を考えて返済方法を計画しますので妥当な返済額になり、返済しながら通常の生活を送ることができます。そして同じプロに依頼するということでは弁護士への依頼よりも安くすむことができます。それは裁判所とのやりとりを債務者が行うからですが、それでも司法書士に依頼するメリットはたくさんあり、相談をしてみる価値はあります。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ