個人再生と官報のこと不安解消したい※無料相談はこちら

個人再生と官報のこと不安解消したい※無料相談はこちら

個人再生と官報のこと不安解消したい※無料相談はこちら

個人再生は債務に苦しむ人にとって、債務の減額や返済期間の延長など、さまざまな面から返済をサポートしてくれる制度です。
自己破産などとは違い、債務がゼロになるというようなことはよほど特別なケースでもない限りあり得ないこととなっていますが、その反面、自己破産よりははるかに様々な面で消費者の負担が軽いものとなっています。
では個人再生後、生活に何かしらの影響が出るということはあるのでしょうか。
ここでいう「個人再生後」については、個人再生に関連する諸々の手続きが終わり、裁判所による面積が決定されたということで考えましょう。
ではこの個人再生後の生活の影響についてですが、基本的にはほとんどないと言っていいでしょう。
生活への影響と言うことで多くの人が気にするのが「周りに知られること」ですが、個人再生は確かに官報に手続きを行った人の氏名などが記載されます。
しかしそうした官報は全個人に対して配られているというものでもありませんから、普段からよほど法律や政治に興味がある人でもなければ確認するようなものでもありません。
また家族や子供に対して借金を肩代わりさせるというような制度でもありませんから、たとえ個人再生を行ったとしても、その借金を誰かが代わりに返済しなくてはならないということは殆どないのです。
給料の差し押さえなどがあったという場合も、個人再生の再生手続き開始決定が得られれば給料の差し押さえも解除してもらうことができます。
もちろん個人再生を行えば金融関係における信用は非常に低くなりますが、それ以外についてはほとんど影響がないと言っていいのです。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ