個人再生の住宅ローン債権って※債務整理の無料相談

個人再生の住宅ローン債権って※債務整理の無料相談

個人再生の住宅ローン債権って※債務整理の無料相談

個人再生とは、自己破産ができない人でも手続きを取ることができる方法の一つです。個人再生とは借金の原因に関係なく、借り入れた金額の一部を分割で弁済することでそれ以外の借金を免除してもらえるというものですので、継続的な収入がある人のみが手続きを取ることができる代わりに、ギャンブルや浪費などで借金をした場合でも手続き可能な方法となっています。また、自己破産と個人再生とはその内容が大きく異なっており、自己破産ではすべて自分の財産を失ってしまうのに対し、個人再生では住宅ローンの残っている住宅については、ローンをこれまで通りきちんと返済していくことによって競売にかけられずに済みます。つまり、住宅を守るための方法でもありますので、住宅ローン以外の借金が何とかなれば生活が立て直せそうだという人に特におすすめです。
申し立ての費用は収入印紙、切手、官報掲載料などが一般的に2~3万円程度必要です。ただし、自営業の人など一部の例では再生委員を選任するため、その委員に支払う報酬として別途数十万円の費用が発生します。また、個人再生の申し立ては自己破産以上に難しいため、通常は専門家に書類の作成を依頼しますが、この費用が大体30~50万円程度は必要になります。これらの負担をしても利益があると判断される場合には、自己破産よりもメリットが多い手続きですので申し立ててみるとよいでしょう。返済は大体3~5年かけて行います。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ