個人再生の保証人デメリットについて※債務整理は弁護士?

個人再生の保証人デメリットについて※債務整理は弁護士?

個人再生の保証人デメリットについて※債務整理は弁護士?

個人再生はマイホームなどの財産を手放すことなくできる債務整理の手続きであり、借金問題の解決に非常に有効な方法の一つです。ただいくら債務者にとっとメリットのある方法とはいっても、債権者の債権や借金に対して保証人となっている人に多大な迷惑をかけてしまうことには違いありませんので、個人再生の手続きを行った人はそれなりのペナルティを受けなければいけません。
個人再生後は当然ながら信用情報機関に金融事故として登録されますので、通常5年から10年程度は新たな借り入れができなくなります。また官報に住所と氏名が掲載されますので、闇金などの違法業者からダイレクトメールなどが届く可能性もあります。さらに保証人については本人の個人再生後も保証債務が残っているので、債権者から債務の弁済を求められることになります。場合によっては保証人についても債務整理が必要になる可能性もあり、保証人との関係がこじれることも考えられます。
ただし一般的な生活については個人再生後も大きな影響はありません。自己破産のように職業制限もありませんし、通常は個人再生したことを理由として会社が個人を解雇することができませんので、生活をしていくうえではそれほど大きな悪影響がないといえるでしょう。また家族の生活への影響を心配される人も多くいますが、基本的に債務整理は借金をした本人の問題であり、信用情報機関への登録も本人のみの情報となりますので、家族がローンを組めなくなるなどの事態は発生しません。官報への掲載についても、一般人が目にすることはほとんどありませんので、他人に知られる可能性もかなり少ないといっていいでしょう。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ