個人再生後について※弁護士と司法所書士どちらに依頼?

個人再生後について※弁護士と司法所書士どちらに依頼?

個人再生後について※弁護士と司法所書士どちらに依頼?

信販会社や消費者金融などで多額の借金を抱えてしまって返済が苦しくなった場合債務整理を利用しようと考えている方も少なくはないでしょう。
債務整理にもいろいろあるのですが、その中のひとつに個人再生という方法があります。
これは自己破産のように財産を差し押さえられることもなく、またマイホームを手放さなくても良く、借金の総額を大幅にカットできるといったメリットがあるので、マイホームを維持しながら借金を整理したいという方に向いている債務整理です。
このようにメリットが多い個人再生なのですが、個人再生を利用した場合はブラックリストに載ってしまい、クレジットカードを発行することができないので注意が必要です。
ブラックリストという言葉はよく耳にはしますが、実際にリストがあるわけではありません。
住宅ローンを組んだり、クレジットカードを発行した際に信用情報機関にその情報が登録されるというわけです。
またクレジットカードやローンを組んだ場合以外でも、返済が滞っている場合や債務整理を利用した場合にも登録されてしまいます。
しかし、一生クレジットカードが持てないというわけではありません。
このブラックリストは5年間は登録されることになりますが、それ以降は削除されるのでクレジットカードを持つことは可能です。
しかし、銀行系の個人情報機関は10年間登録している場合もありますので、銀行のカード会社の場合は10年間断られる可能性があるといえます。


債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ