個人再生後クレジットカードは利用可能?

個人再生後クレジットカードは利用可能?

個人再生後クレジットカードは利用可能?

債務整理の方法にはさまざまなものがあり、それぞれにメリットがあります。
例えば、自己破産は原則全ての借金をチャラにできます。
任意整理は官報に掲載されることはありません。
そして個人再生という債務整理方法のメリットといえば、住宅ローンです。
夢のマイホームを購入するため、住宅ローンを組んでいる方もいらっしゃることでしょう。
その返済中に借金が膨れ上がってしまったとき、自己破産ですと家まで差し押さえられてしまいます。
一方個人再生の場合には、住宅ローンはそのまま支払い続けることとなります。
一見デメリットのようですが、家を手放さなくてすむので大きなメリットです。
このように、個人再生前の住宅ローンについてはメリットですが、一方で個人再生後の住宅ローンに関しては大きなデメリットです。
個人再生を行うと、住宅ローンを新規に組むことはできなくなってしまうのです。
それはなぜかというと、ブラックリストに掲載されてしまうからです。
ブラックリストに掲載をされてしまうと、住宅ローンはもちろんのこと、クレジットカードの申込みすらできなくなってしまいます。
自己破産の場合ですと、10年以上はリストから削除されませんが、個人再生の場合ですと、5年から7年後にはリストから削除されます。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ