個人再生は弁護士と司法書士どちらが有利?※失敗しない債務整理

個人再生は弁護士と司法書士どちらが有利?※失敗しない債務整理

個人再生は弁護士と司法書士どちらが有利?※失敗しない債務整理記事一覧

借金の返済が出来なくなってしまった時、借金の問題を解決してくれるのが債務整理です。債務整理を行い借金を整理する事で、金銭的な負担は軽減されるでしょう。しかし、借金を整理する=破産というイメージがあり、債務整理を嫌煙している方も多いようです。自己破産は借金をゼロに出来る一方、家などの財産を手放さなければいけません。ですので、持ち家がある方は自己破産で借金を整理する事について、躊躇してしまうでしょう。...

個人再生は2001年に制度がスタートした、比較的新しい債務整理です。借金問題を解決する債務整理を行うと、通常の生活は出来ないのではないか?と心配になる方も多いと思います。確かに個人再生を行う事で10年程はローンを組めませんし、クレジットカードを使う事も出来ません。しかし自己破産のように家などの財産はそのまま維持できますし、もちろん個人再生が理由で会社をクビになる事も無いので安心しましょう。個人再生...

借金返済が困難になった際に全ての債権者への返済総額を減額した上で決められた期間内に分割返済を行う為の計画を立て、計画に沿って返済を行う事で残りの債務の免除を行う為の手続きが個人再生です。個人再生には二種類あります。一つは小規模個人再生手続きです。一定の条件を満たしている小規模事業者や個人商店主が対象となります。一つは給与所得者等再生手続きです。一定の条件を満たしているサラリーマンが対象です。個人再...

個人再生は、2000年の4月に施行された比較的新しい債務整理です。裁判所に手続きを依頼するという点において自己破産と共通していますが、自己破産が返済能力がない事が重要となるのに対して、個人再生は返済の意思と能力がなければ手続きを進める事は出来ません。借金を完全にゼロにするのではなく、一部は返済しなければならないからです。その代わりに、自己破産の様に財産を手放す必要はありません。個人再生は、借金を5...

多重債務に落ちいてしまった場合の対処方法には、債権者交渉を行うことで返済額の減額を図る任意整理や裁判所に債務の免責を申し立てる自己破産など、様々なものがあります。生活に困ってしまった人を救済するための手段は数多く存在するとも言い換えることができ、それぞれの事情や借金額、多重債務に陥ってしまった経緯などを考慮して、最も最善の方法で生活の再建を目指すこととなります。任意整理の場合は裁判所に関与してもら...

個人再生の手続きをして、債務の免責を受けるにもある程度の費用が掛ってきます。相場としては、20万円から50万円が個人再生の費用となります。個人による個人再生の手続きをするとなると、大体費用としていは27万円程の費用が掛ってくるとされています。具体的にはどういった費用が掛ってくるのでしょうか。まず、一番大きな金額が個人再生委員会への報酬となります。具体的には、個人再生委員会の報酬は25万円でこれは確...

借金の返済が困難になった時の解決方法に債務整理があります。債務整理には任意整理や特定調停、個人再生、自己破産の主に4種類の手続きがあります。この中でも個人再生のメリットは何と言っても住宅を失わずに、大幅に借金が減額されることです。自己破産はすべての借金の支払いが免除されますが、住宅は差し押さえされて借金の返済に回されてしまいます。個人再生では住宅ローンの返済については今まで通りを条件に、今の我が家...

個人再生を行う際には失敗のないようにすることが大切ですから、仕組みや影響範囲を確実に把握しておくことが大切です。失敗の中には再生計画案が認められないケースや、個人再生をしたにもかかわらず計画通りに返済できなかった場合があります。計画通りに返済できず任意整理に進む人もいますので、しっかりとした再生計画案を作り進めていく必要があります。再生計画案を失敗することの他には、個人再生の仕組に関して事前知識が...

個人再生とは、自己破産ができない人でも手続きを取ることができる方法の一つです。個人再生とは借金の原因に関係なく、借り入れた金額の一部を分割で弁済することでそれ以外の借金を免除してもらえるというものですので、継続的な収入がある人のみが手続きを取ることができる代わりに、ギャンブルや浪費などで借金をした場合でも手続き可能な方法となっています。また、自己破産と個人再生とはその内容が大きく異なっており、自己...

個人再生は自己破産と違い、裁判所の力を借りず、弁護士などの力のみで借金の返済をやり直すことです。個人再生では債権が減ることはありませんが、返済計画が策定されて完済を目指したスケジュールが実行されていきます。返済については弁護士が間に立つので直接債権者との話し合いや返済は行われないことが多いようです。個人再生開始までのスケジュールはおおまかに言えば3段階に分けられます。スケジュールの第1段階は債権の...

債務整理の方法にはさまざまなものがあり、それぞれにメリットがあります。例えば、自己破産は原則全ての借金をチャラにできます。任意整理は官報に掲載されることはありません。そして個人再生という債務整理方法のメリットといえば、住宅ローンです。夢のマイホームを購入するため、住宅ローンを組んでいる方もいらっしゃることでしょう。その返済中に借金が膨れ上がってしまったとき、自己破産ですと家まで差し押さえられてしま...

個人再生では債務の一部を支払うことで返済にかかる負担を減らすことが可能ですが、そのためには将来的に安定した収入が見込まれる条件があります。借金に苦しむ人は養育費を滞納してしまう場合がありますが、債権者の同意がなければ支払いを免れることはない債務となります。しかし全てを一括で支払わなければならないわけではなく、一般基準に基づき返済をしていくことになります。養育費には債務の免責がありませんが、3年間は...

個人再生は債務に苦しむ人にとって、債務の減額や返済期間の延長など、さまざまな面から返済をサポートしてくれる制度です。自己破産などとは違い、債務がゼロになるというようなことはよほど特別なケースでもない限りあり得ないこととなっていますが、その反面、自己破産よりははるかに様々な面で消費者の負担が軽いものとなっています。では個人再生後、生活に何かしらの影響が出るということはあるのでしょうか。ここでいう「個...

信販会社や消費者金融などで多額の借金を抱えてしまって返済が苦しくなった場合債務整理を利用しようと考えている方も少なくはないでしょう。債務整理にもいろいろあるのですが、その中のひとつに個人再生という方法があります。これは自己破産のように財産を差し押さえられることもなく、またマイホームを手放さなくても良く、借金の総額を大幅にカットできるといったメリットがあるので、マイホームを維持しながら借金を整理した...

個人再生は借金でどうにもならない状態になった時に行うことができる救済措置の1つです。借金全ての債権者の同意を得て裁判所を通して借金総額の減額をし、残りを原則3年かけて返済していくというものです。個人再生は自分で行うことができる他、弁護士や司法書士にも依頼することができます。個人再生は個人再生計画案を作成して提出しなければいけないなど大変な作業があります。これを自分で全て行うのは時間的にも難しいとい...

抱えている債務の返済が困難になった場合に行われるのが、債務整理です。債務整理としては、おおまかに2つにわかれ、裁判所を通して行う自己破産、個人再生などのほか、弁護士、司法書士などを通じて行う任意整理があります。任意整理の場合には弁護士または司法書士を間に立てて、債務の減免を求めるもので、主に現段階から見て支払わなければいけない金利の免除を申し出ることになります。裁判所を通さないので、手続きが簡単で...

弁護士事務所では、個人からの依頼を受けて様々な相談に対応しています。私たちの日常生活は、思ってもみないところでトラブルに遭う可能性が誰にでもあります。そのような時に一人で悩みを抱えているよりも、法律のプロである弁護士にアドバイスを受けると解決の早道になると思います。例えば、者金問題の悩みであれば、弁護士は債務整理も方法として任意整理・個人再生・自己破産などから適切な方法を示してくれるのではないでし...

個人再生はマイホームなどの財産を手放すことなくできる債務整理の手続きであり、借金問題の解決に非常に有効な方法の一つです。ただいくら債務者にとっとメリットのある方法とはいっても、債権者の債権や借金に対して保証人となっている人に多大な迷惑をかけてしまうことには違いありませんので、個人再生の手続きを行った人はそれなりのペナルティを受けなければいけません。個人再生後は当然ながら信用情報機関に金融事故として...

個人再生は自己破産と任意整理などの債務整理と同じ分類に属しており、債務整理の効果としては自己破産と任意整理の中間程度になります。主な個人再生のメリットは、自己破産とは違って車や住宅を没収されることがないことや、給与の差し押さえが行われなくなることです。自己破産の場合は車と住宅が売却されるので、実行後にはまずは自分の住まいを探すことになります。家族がいる場合は非常に苦労をすることになります。個人再生...