自己破産したら今後どうなる?※弁護士か司法書士か

自己破産したら今後どうなる?※弁護士か司法書士か

自己破産したら今後どうなる?※弁護士か司法書士か

自己破産は借金の返済が不可能な状況における最終手段の1つとして用いられる方法ですが、その後の生活に大きな影響を与えるデメリットも数多く存在しています。
代表的なデメリットは高額財産の処分や融資・カード契約の制限が挙げられ、保有財産の大半が失われると同時に最低5年間は融資及びカード契約がほぼ不可能となります。
よって、返せない場合は自己破産したら良いと軽率な判断をするのではなく、借金を増やさないように日頃から計画的な借り入れと返済を行う心がけが最も重要と言えるでしょう。
親や配偶者・子供のいる同居家庭において、自己破産したら家族へどのような影響が生じるのかは大きな問題点であり、気をつけておかなければならないパターンも多いのが現状です。
原則として自己破産のデメリットは自己破産者本人に対してのみ適応される為、配偶者や子供がいる家庭であっても通常は直接的な悪影響を与えずに済みます。
その為、自己破産者本人以外の家族に関してはクレジットカードやローンの契約で制約を受けにくいものの、金融機関によって審査基準が異なる影響から状況次第で利用できない場合も想定されます。
更に、家や車など高額財産の所有者が自己破産したら、これらは全て没収されてなくなってしまう点を考慮する必要性が出てきます。
また、家族が連帯保証人となっている債務が存在する場合は例外と判断されるので、取立てや物品の差し押さえが家族に及んでしまう可能性に十分な注意が必要となるでしょう。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ