自己破産手続きと流れとは?※自分に合った債務整理方法

自己破産手続きと流れとは?※自分に合った債務整理方法

自己破産手続きと流れとは?※自分に合った債務整理方法

自己破産というのは、すぐに行えるものではなく、破産申立から免責の決定まで4ヶ月から6ヶ月程度、場合によっては1年以上かかる事もあります。
そんな自己破産の大まかな流れは、処分できる財産があるかないかによって変わります。
実際に手続きをする場合、債務関係の情報を集め、自己破産申立書を作成し、添付する必要書類を揃え、これらを裁判所に受け付けて貰うところから始めます。
処分する財産がない場合、この受付が済めば、手続きはほぼ完了した事になります。
書類の提出後、何度か裁判所に出頭し、支払い不能になった状況の確認、免責に関する質問や確認を行い、免責が決定すれば、その時点で、借金の返済義務がなくなります。
処分する財産がある場合、裁判所が破産開始決定後、破産管財人を専任し、債権者集会を行い、処分した財産を公平に分配する手続きを行っていきます。
そして、分配手続きが終われば、免責に関する手続きに入り、免責が認められると、借金がなくなるという流れになります。
ですから、処分できる財産がある場合、手続きにかかる時間が長くなり、半年から1年程度、期間が必要となる事も珍しくありません。
裁判所に必要書類を提出し、受付をされた時点から、債権者は一定期間取立てを行えない状態となります。
ですから、手続きに時間がかかっても、その期間は借金の取立てが行われない為、落ち着いて結果を待つ事が出来ます。
これが、自己破産をした際の、大まかな流れとなります。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ