自己破産する期間について※失敗したくない債務整理

自己破産する期間について※失敗したくない債務整理

自己破産する期間について※失敗したくない債務整理

法的に借金問題を解決に導き、債務者の出直しを支援してくれる債務整理ですが、その中でも全ての借金の返済義務から解放される究極の方法と言えるのが、自己破産です。
自己破産を行うと、手続き中の資格制限や一定期間ブラックリストに登録されてしまうなどのデメリットはあるものの、裁判所に免責が認められれば一気に生活の建て直しを目指すことができます。
そんな自己破産を検討する際に、多くの人が気にするポイントが自動車のローンが残っている場合です。
自己破産というものは任意整理と違い、特定の債権者に対してのみ通常通り返済を続けていくということはできないので、残債務に自動車のローンが含まれている場合にはそれも対象となってしまいます。
ローンが残っている場合、一般的に所有権はローン会社にあるので、自己破産を行うと対象の自動車は回収されてしまうのが通常です。
よって、自己破産を行うことは回避できない状況にあるものの、生活や仕事でどうしても自動車が必要という場合には、別途対策を講じる必要があります。
具体的には債権者の同意の上で第三者に自動車のローンの支払いを継続してもらう、第三者に買い取ってもらった上で借り受けて利用するなどの方法で、自動車の利用を継続することが可能です。
また、ローンが既に完済済みの自動車があるケースにおいては、その時価が20万円を超える場合に限り処分する必要が出てくるので、この点も念頭に置いておきましょう。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ