自己破産と官報の問題について※債務整理弁護士司法書士

自己破産と官報の問題について※債務整理弁護士司法書士

自己破産と官報の問題について※債務整理弁護士司法書士

"自己破産すると確かにメリットは多いと言えますが、その代わり、幾つかのデメリットも同時に被ることになります。主なデメリットとしては、一定の財産は失ってしまう、保証人に迷惑をかけてしまう、自己破産手続きの期間中は職業や資格の制限を受けてしまう、などが挙げられます。それから官報に名前が掲載されてしまうというのも、デメリットの一つです。
ただし官報に名前が載ったからといって、直ちに何か重大な不利益が発生してしまうわけではありません。それは通常、一般の人の目に触れるものではありません。ですから、それによって自らの自己破産が世間にバレてしまうということも殆どありません。ゆえに、別に何でもないことだと割り切って考えることも可能でしょう。
ただ、お金に困った人を騙そうと暗躍しているヤミ金業者は、官報を悪用しています。ですから、それを見たヤミ金業者がダイレクトメールなどを送りつけてくる可能性はあります。その点には注意が必要です。もしも本当にDMなどが送られてきても、絶対に相手にしてはいけません。
また、最近ではインターネット版官報の存在も広く知られるようになってきました。インターネット版は紙媒体と違って無料ですので、以前よりも一般の人の目に触れる確率は少しだけアップしたと考えられます。しかし、そうは言っても実際は、いちいち知っている人の名前を面白半分にチェックするようなヒマな人は少ないことでしょう。とにかく自己破産は、しないで済むならそれに越したことはありません。"

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ