自己破産したときの住宅ローンに関する問題※無料相談

自己破産したときの住宅ローンに関する問題※無料相談

自己破産したときの住宅ローンに関する問題※無料相談

車や住宅ローン、消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのリボルビング払いなどの借金は、一定の利息をつけて返済していきますが、様々な事情により借金の返済が困難になってしまうことがあります。そのような人が、法的に借金を減額したり帳消しにしてもらう制度を「債務整理」といいます。特に、借金の額が大きく、減額しても返済の見込みがない場合は、法的に借金を全額免除してもらう「自己破産」の手続きを行うことがほとんどです。自己破産をすると自分の信用情報に事故情報が記載される他、車や住宅など一定の価値がある財産は全て手放さなければならなくなります。また、自己破産の手続きを開始して裁判所から「免責許可」が下りるまでの間、弁護士や警備員など特定の職業に就くことが制限されます。このように、様々なデメリットがある自己破産ですが、車や住宅ローンなど全ての借金が全額帳消しになるため、免責許可が下りた後は晴れて借金地獄から解放されることとなり、人生の再スタートを切ることが出来るようになります。ただし、自己破産から10年ぐらいの間は、自分の信用情報に事故情報が記載されているため、ローンやクレジットカードを利用することが出来なくなります。また、一度自己破産をした後、7年間は新たに自己破産をすることは出来ません。そのため、ただ借金が帳消しになったと喜ぶのではなく、なぜこのような状況に陥ってしまったのか、今後どのようにお金と付き合えばよいかをよく考える必要があります。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ