借金で自己破産。学生の将来は?※失敗しない債務整理

借金で自己破産。学生の将来は?※失敗しない債務整理

借金で自己破産。学生の将来は?※失敗しない債務整理

いま、半数以上の学生が学生ローンを組んでいると言われています。いかに厳しい経済状況が続いているかを伺い知ることができます。学生ローンは在学中は返済を免除され、卒業後就職してから10年程度かけて返済していく仕組みなっています。ところが、就職難から就職することができなかったり、就職しても途中で仕事を辞めてしまう人が多く、学生ローンが払えなくなってしまう人が急増しているそうです。そして自己破産に追い込まれるケースも少なくないようです。

学生ローンであっても、自己破産をすると、その後の生活に少なからず影響を与えます。借金は免除されますが、たとえば、その後うまく仕事に就くことができ、結婚もして、いざマイホームを建てようと思ったとします。しかし、学生ローンによる自己破産をしたために、住宅ローンを組むことができない可能性があるのです。それが普通の借金とは違う学生ローンであったとしても、借金であることには違いはありません。だから自己破産してしまった場合は、ブラックリストに載せられてしまい、最低でも5年は新たな借金をすることができず、住宅ローンに関しては7年を経過しないと、申請することができません。つまり、自己破産してから最低7年間はマイホームを持つことができないということです。しかも、7年経過した後なら、100%住宅ローンを組むことができると保証されているわけでもありません。したがって、学生ローンであっても、通常の借金と同じなのだと自覚し、きちんと返済していくことが大切なのです。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ