自己破産したら自動車ローンは組めない?個人再生まとめ

自己破産したら自動車ローンは組めない?個人再生まとめ

自己破産したら自動車ローンは組めない?個人再生まとめ

様々な理由により、不幸にも自己破産をしなくてはならなくなってしまった場合、財産はどうなるのでしょう。
現金は勿論、預貯金や不動産、そして証券などが処分され返済に充てられることは当然ですが、その他、貴金属や自動車など、売却できる価値のあるものは処分され、返済の原資に当てられる事になります。
では、まだローン期間中で返済の残っているものはどうなるのでしょうか。
ローン期間を終え、所有権を自身のものとした車で有れば、自己破産を申請した際、処分される財産として、他のものと一緒に考えられるのですが、ローンの返済期間中であった場合、その所有権はローン会社のものとなっていることが殆どで、購入者からの支払いが滞れば、直ちにその自動車は引き上げられる事となります。
債権者全ての同意が得られる事など、いくつかの条件次第ではその自動車を使い続ける事も可能ですが、通常、非常に困難な事でもあり、また、支払うべきリース料も自己破産を申請した人の債務となるため、ローン会社に対してだけ支払いを続ける事は法律により禁じられています。
ただし、所有している自動車を売却し、その資金を返済に充てても尚、資金が残ったとしたら。
ローン自体は債務から消える事となりますが、残った資金は法律に定められた金額である20万円を超える場合、残りの債務者への返済に充てられる事となり、結局のところは自己破産を申請した人の手元には法で定められた金額以上のものは残る事は無いのです。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ