自己破産ができない・認められないと言われた※無料相談

自己破産ができない・認められないと言われた※無料相談

自己破産ができない・認められないと言われた※無料相談

自己破産は借金が返せなくなった時の最後の生活を立て直すための手段です。自己破産では基本的にはすべての債権がなくなりますが、そのためには裁判を受け、債権者の同意も含めて必要となります。自己破産は個人でも裁判所に提出する書類と裁判費用を捻出できれば可能ですが、一般的には弁護士に依頼して裁判をうけることが多いです。自己破産までの流れとしては弁護士に依頼する際は弁護士が自己破産のために依頼を受けたと受任した段階ですべての取り立てが止まります。個人で自己破産をする場合は裁判所に申請をするまで取り立てが続くので注意が必要です。弁護士に依頼した場合は受任後に」債権の確定や裁判費用、弁護士費用の徴収が行われます。裁判費用は20万円程度から債権の数などによって30万円以上になることもあります。弁護士費用は30万円前後からが多く、こちらも債権の数によって変わるようです。費用については一括納付ができない方が多いので分割して納付することになりますが、受任後に一定期間でためていくことになりますが受任されているので取り立てが続くことはありません。個人で裁判を受ける場合も裁判所に申請をすると裁判費用に応じて分割納付が可能となりますが、分割回数については裁判所から指示があります。裁判費用や弁護士費用がたまった段階で裁判となる流れになりますが、裁判には裁判所が指定した弁護士による債権の調査が行われるのでさらに数ヶ月かかりますので自己破産の流れとしては1年程度は最低でもかかると考えておくと良いです

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ