破産宣告について官報に名前が載る※無料相談で債務整理

破産宣告について官報に名前が載る※無料相談で債務整理

破産宣告について官報に名前が載る※無料相談で債務整理

破産宣告を受けると官報に載るので、破産の事が周囲の人に知られないかと心配になるという人がいますが、官報に載ってもほとんど周囲の人に知られることはありません。
官報とは政府が発行している刊行物で、法律や条約についてや様々な資料が載せられているもので、行政が休みの日以外は毎日発行されています。破産宣告を受けた人の住所や氏名も載せられます。行政機関や図書館などにおいてありますが、一般の人は官報の存在すら知らない人がほとんどです。そのため一般の人が官報を見ることはないと言って良いでしょう。そのため破産宣告を受けたことは自分から話さない限り、近所の人や親戚、勤め先の人に知られることはないのです。
ただし貸金業者の中には官報を見てお金を借りそうな人を探す業者もあるので注意が必要です。一度多額の借金をした人はまた借りやすいと思われて、貸金業者からダイレクトメールなどが届く事もあるので破産宣告後は借金をしないよう注意する必要があります。
破産宣告を受けると家や自動車など金銭的に価値のあるものは手放して借金の返済にあてなくてはいけなくなりますが、所有している時点での価値が20万円を超えない家財道具などはそのまま持っていることができます。また自動車などは20万円以上価値があるものでも仕事上必要と認められれば手元に残す事ができます。破産宣告を受けると人生が終わったかのように感じる人もいますが、借金から解放されて新しく生活を始めるための救済措置なのです。

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ