破産宣告デメリットと問題点について※弁護士選び

破産宣告デメリットと問題点について※弁護士選び

破産宣告デメリットと問題点について※弁護士選び

破産宣告は借金で生活することが難しくなった人のためにリセットさせるための法律で定められた支援になります。借金をすべてなくし新しい生活を送ることができるますが、いくつかのデメリットもあります。

一番広く知られており、そして大きなデメリットとなるのは数年間は借金をすることができないことです。借金で苦しい生活を強いられてきたので、それくらいのペナルティーは仕方ないと債務者は考える人も多いのですが、人に破産宣告をしたという事実を知られることを嫌う人も多いのも事実です。

この破産宣告は、誰にも知られるようなものではなく、そして誰にでも知ることができる事実でもあるのです。官報と呼ばれる国の機関紙に破産宣告を行ったという事実が掲載されます。多くの人は官報を見てまで破産宣告をした人がいないのかを確かめるほど暇な人はいないでしょう。官報も見るにはお金がかかりますので、事実を調べるために購入する人は少ないでしょう。

しかしながらインターネットが普及したためにその弊害があるのです。官報もネット版があり、それを行った事実が掲載されることになります。要するに名前を検索するとその事実が掲載された官報がヒットしてしまい、破産宣告を行った事実を知られるおそれがあるということになります。しかもそのネット版は無料で閲覧することができます。このネット版官報が厄介ということになるのです。

破産宣告をした事実を調べる人が少ないにしても、人の名前を調べるという人はいます。そこでその事実を知られるおそれがあるということになります。




債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ
どの手段を使うか?これがとても大事になってきます。

そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。たった1分で、診断できます。

⇒無料シミュレーターはこちらから

無料相談を利用してみる
無料相談を利用してみましょう!
>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ