債務整理は弁護士と司法書士どちらが有利? ※失敗しない債務整理

債務整理は弁護士と司法書士どちらが有利? ※失敗しない債務整理

債務整理って?

債務整理とは、借金問題解決の手段全体の事を指します。

 

債務整理には、自己破産・個人再生・任意整理・特定調停の4種類あります。

 

債務整理のポイント

債務整理方法を選ぶ

どの手段を使うか?
これがとても大事になってきます。

どうやって自分に合った債務整理方法を見つければいいの?
そんなときは、無料診断ツールを使ってみましょう。

たった1分で、診断できます。今後の参考になるので試してみましょう。


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

債務整理の仕方を選ぶ

手段にもよりますが、どの手段も、自分で手続きをすることができます。
しかし、司法書士や弁護士に依頼する人が多いのが現実です。

 

債務整理は弁護士・司法書士に依頼すべき?

やはり、法律のプロですから、知識や経験がある方の手助けがあると心強いですよね。
専門家に頼む事によって、債務整理に失敗する可能性も低くなってくるので、慎重に債務整理を勧めるなら、プロに依頼する事をおすすめいたします

 

しかし、それなりにコストもかかってきてしまうという事も念頭に置いておいてください。

弁護士と司法書士どちらを選ぶ?

弁護士と司法書士、一体何が違うのでしょうか?

 

簡単に説明しますと、

法律上の取り扱いが違います。

 

それぞれの特徴について説明していきます。

【債務整理】司法書士に依頼する場合

借金の総額が140万円を超える場合は、司法書士に交渉権はありません
司法書士は、基本的には書類作成・裁判所への提出だけです。

 

【債務整理】弁護士に依頼する場合

債務整理についての詳しい知識を持っていますし、専門家に依頼することで金融業者も話を聞く耳を持ってくれるようになるのです。
借金の支払や取立もやめることが出来ます
浪費ぐせ、ギャンブルなどで免責が受けれない場合も、弁護士委任だと受けられる場合もあります。

 

そのため、弁護士はスムーズに物事は進行しますが
その一方で弁護士に依頼するためにはある程度の費用も必要になります。

 

まずは無料相談を利用してみる-早期解決のために-

不安で仕事や家事もなかなか手に付かないと思います。

 

ですので、早急に
専門家に相談しに行くことをお勧めします

 

借金が140万円以下の場合

弁護士と司法書士どちらでも熱心な方を。

 

借金が140万以上の場合

弁護士依頼が安心出来ます。

 

長期間の借金の場合(5年~)

弁護士依頼が安心出来ます。

 

 

債務整理を無料相談したい人、必見!

>>無料相談ができる弁護士事務所・司法書士事務所まとめ